cr

ほんの少し

猫2匹と暮らす丁寧な日々

牛すじ味噌煮込み

近所のお肉屋さん、店主さんいわく売り物だけど注文のお客さんには納得がいかないから出さない、ももの部分のすじ肉だそう

捌きたてで色もきれいです

f:id:mlittle:20211109182957j:plain

もしよかったら使って。とご好意でくださいました

500g以上ありました。こんなに頂いていいかしらと驚きましたが、あたたかくてうれしい気持ちになりました

f:id:mlittle:20211109183024j:plain

帰宅して、すぐ下処理をして炊きました

f:id:mlittle:20211109183016j:plain

一定時間に混むと繊維が崩れスッと柔らかくなります

その後も断続的にしっかり煮込み

八丁味噌をベースに仕上げ、一晩おきました

翌日も弱火でコトコト煮詰め完成

白髪ネギパラっと

f:id:mlittle:20211109183002j:plain
牛すじ味噌煮込み

お肉はほろり、脂の入ったお味噌のとろみがいい具合に

f:id:mlittle:20211109183008j:plain
カマンベールと銀杏の天ぷら

銀杏に何が合うかな?と考えて初めて組み合わせてみましたが相性がよかったですね

天紙にのせるとくっつきます気をつけて(笑)

f:id:mlittle:20211110200323j:plain

翌日は土手煮の小丼ぶり パリパリキャベツ

鯛のあら出汁茶碗蒸し

一緒に蒸したハ峰園さんの栗かぼちゃ

f:id:mlittle:20211111061137j:plain
朝ラン5キロ 平均ペース6'03"

1キロまでは風も冷たいです

走り終えるとしっかり汗をかきポカポカ、汗がひくと爽快感に包まれます

PVアクセスランキング にほんブログ村

タルトタタン

f:id:mlittle:20211108160347j:plain

秋に作りたいフランスの伝統のお菓子をシンプルに

こちらはシナノスイート5個

f:id:mlittle:20211108160337j:plain

8分の1にカット 。レモン汁、グラニュー糖をふりかけてコンポートを作ります

f:id:mlittle:20211108160329j:plain

さらにフライパンでグラニュー糖大さじ4を茶色く焦がしキャラメルにしてバター50gを加えてあわせ、りんごのコンポートに絡ませ型に並べます

f:id:mlittle:20211108160321j:plain

15センチ型に重ねていきます

絡めた液が下に溜まりますね

f:id:mlittle:20211108160333j:plain

パイシートをのせて

f:id:mlittle:20211108160340j:plain

200度のオーブンで40分焼きます

f:id:mlittle:20211108160325j:plain

冷まして冷蔵庫に半日ほど

くるりとひっくり返したら

f:id:mlittle:20211109001259j:plain
タルトタタン

誕生のエピソードが好きです

19世紀後半、タタン姉妹が経営していた、ホテル・タタンで料理担当の方がりんごのタルトを作った際にうっかりタルト生地を入れ忘れてしまい、途中で生地を上からかぶせて焼き、ひっくり返したらところ、下にたまった砂糖がキャラメリゼ状になり、りんごにもしみこんで香ばしく、とても美味しく仕上がったそう

リカバリーが大胆で親近感を感じます(笑)

失敗から生まれたお菓子ですね

f:id:mlittle:20211108160400j:plain

りんごと相性のいいマスカルポーネをそえました

f:id:mlittle:20211109080015j:plain

今朝は冷たい雨模様

猫はぬくぬく温かい

今日もよい一日をお過ごし下さいね

PVアクセスランキング にほんブログ村

銀杏と炙り鯖ずし

f:id:mlittle:20211106141816j:plain

知人から大きな銀杏を沢山頂きました

近く使う分以外は保存用にすぐ作業

f:id:mlittle:20211106141812j:plain

銀杏の殻割りも今まで色々試しましたが、結局は原始的なやり方に

3粒、勢い余って潰してしまいました(苦笑)

下茹でして薄皮をめくり冷凍

3時間、コツコツがんばりました

f:id:mlittle:20211106141820j:plain

数日前、今がいい時期と伺っていました済州島産の鯖を市場にて買いました

f:id:mlittle:20211106141640j:plain

本当に前回と違い脂が乗っていますね

f:id:mlittle:20211106205218j:plain (↑前回)

塩と酢で〆、数日間、冷凍しました

f:id:mlittle:20211106141558j:plain

身割れも少し、してはいましたがよく締まりましたね

鯖寿司、リベンジ

f:id:mlittle:20211106142542j:plain

肉厚ですから酢飯は控えめに

シャリは刻んだ大葉と胡麻

f:id:mlittle:20211106141607j:plain

バーナーで僅かに炙りました

f:id:mlittle:20211106141623j:plain
炙り鯖寿司

f:id:mlittle:20211106193412j:plain
〆鯖寿司

f:id:mlittle:20211106141611j:plain

脂がよくのっています

やっとおいしい鯖寿司に出会えました

f:id:mlittle:20211106155607j:plain

拾った落ち葉をプレゼント

f:id:mlittle:20211106144110j:plain

良い日曜日をお過ごし下さいね

PVアクセスランキング にほんブログ村

海の紅葉弁当

f:id:mlittle:20211103161606j:plain

明石の代表的な秋の味覚、紅葉(もみじ)鯛

こちらサイズは25センチほど

獲れたてですからハリがあり紅く染まり、きれいな色ですね

初夏に産卵する鯛は、夏から秋にかけて餌を食べ大変今は脂がのっていますね。春の〝桜鯛〟と比べて体表は黄色がかった赤色。季節にあわせ〝もみじ鯛〟と呼ばれいるそうです

f:id:mlittle:20211103161730j:plain

昆布〆にして頂きました

f:id:mlittle:20211104202813j:plain
もみじ鯛のお弁当

f:id:mlittle:20211103161615j:plain

こちらも明石のシラサエビ

f:id:mlittle:20211103161625j:plain

茹でたて 海老味噌もおいしい

f:id:mlittle:20211104060634j:plain

天ぷらも最高です

f:id:mlittle:20211103161529j:plain
壬生菜とお揚げの炊きもの

お出汁、酒、薄口醤油でやさしい味付け

壬生菜は火を通し過ぎず、余熱で仕上げ

シャキシャキの食感が好みです

f:id:mlittle:20211103161539j:plain

グリルした鯛でお出汁をとり、濾して赤だしに

祝日の遅めのランチです。(夕食はカンタン)笑

f:id:mlittle:20211104072959j:plain
翌日の朝食

鯛のアラほぐし、九条葱、自家製ガリを混ぜ込みましたおにぎりと糠漬け

鯛だしの豆腐とお揚げのお味噌汁

f:id:mlittle:20211104164714j:plain

染まる季節ですね

PVアクセスランキング にほんブログ村

海鮮おこげあんかけ

f:id:mlittle:20211101235206j:plain

こちらは平にのばしました冷飯

おこげを作りますね

ラップ無しでレンジで両面5分ずつチン

しばらく乾燥させこんがり揚げました

食べやすい大きさに割ります

f:id:mlittle:20211101235144j:plain

餡にはブラックタイガー、するめイカを炒め、ターサイ、白菜の硬い部分、えのき、しめじ、葉の順に炒めます

f:id:mlittle:20211101235125j:plain

水、紹興酒、中華ペースト、オイスターソース、醤油を入れとろみをつけ、熱々をおこげにかけます

f:id:mlittle:20211102233552j:plain
海鮮おこげあんかけ

久々に作りましたが、きつね色まで揚げるとおこげが硬めでした

サクッとではなくザクザクです

以前住んでいた土地で、気に入っていた創作料理店のおいしい海鮮おこげ。何度か再現してますが、なかなかうまくいきません

チリソースがきいたものでしたが忘れられない味です

f:id:mlittle:20211101235220j:plain

記事で知りました美味しそうなチャンジャ

姫路に行きました際に購入

f:id:mlittle:20211101235131j:plain
ポテサラチヂミ(リメイク)
チヂミというよりお好み焼き

生地がじゃがいもですからモチモチしてます

f:id:mlittle:20211101235148j:plain

白米はお茶碗一膳と決めていますが

f:id:mlittle:20211101235227j:plain

おいしくて、おかわり(笑)

f:id:mlittle:20211102233943j:plain
ニッチとニャン

肌寒い朝

今朝は休足日。よく眠りましたね

皆さま、よい1日をお過ごしください

PVアクセスランキング にほんブログ村

鯖寿司とお茶

昨日はハロウィンでしたが何事もない我が家

f:id:mlittle:20211031215232j:plain

鯖寿司を作っていました

f:id:mlittle:20211031175842j:plain

鮮魚店で買いました淡路産の鯖

お店の方は脂はまだのっていないよ。1月くらいかな。とあまりおすすめではない様子

しかし、鯖が食べたくて購入(400円)

〆て、冷凍し2日後に鯖寿司を2本作りました

f:id:mlittle:20211031210715j:plain

確かに脂がのっていませんね

f:id:mlittle:20211031175818j:plain

忠告どおりでした

f:id:mlittle:20211101000050j:plain

今は済州島産のものが脂がのり美味しいようです

美味しい鯖を探します(苦笑)

f:id:mlittle:20211031181519j:plain

大きめのブラックタイガーを開いて大葉、シュレッドチーズを少しのせ、春巻きに。

皮はふんわり巻き、溶き卵をさっとまとわせ、きつね色に揚げています

海老が柔らかく、硬くならないように

f:id:mlittle:20211031234919j:plain
海老と大葉の春巻き

f:id:mlittle:20211031175811j:plain
和風ポテサラ

じゃがいも、ひじき、葱、蕪の葉の胡麻油炒め、にんじん

味付けはマヨネーズ、塩、昆布茶

山椒をパラっと。マヨネーズは控えめです

f:id:mlittle:20211031235135j:plain
酒粕と麦味噌の豚汁

f:id:mlittle:20211101000605j:plain

昨日は〝日本茶の日〟という記事を読ませて頂きました。お食事の後、ゆっくり頂くお茶がいいですね

f:id:mlittle:20211031201821j:plain
嬉野茶と柿

f:id:mlittle:20211101061551j:plainf:id:mlittle:20211101061454j:plain
朝ラン10月 合計102.3キロ

今月も頑張りましょうね

PVアクセスランキング にほんブログ村

道具とマコモダケ

駅近く、普段は素通りしていた小さな荒物屋さん

必要としていた大きめの竹ざるが目に留まりました

f:id:mlittle:20211029212139j:plain

竹の皮面のみでしっかり編まれています。小さな店内を見渡して並ぶのは鍋、フライパン、様々な調理具。

ごま煎り器など興味深いものもあり、大阪や新潟、三条燕などで作られた良質なものばかりですがお値段も良心的

店主さんは商店街(昭和30年代)の写真を見せてくださって商店街に天幕が貼られオート三輪のある様子、駅の移り変わり、昭和40年代にはアーケードが完成して活気ある人々の様子など写真を見ながら丁寧に説明してくださいました

貴重なお話を沢山聞けた上に恐縮ながら竹ざるも安くしてくださりました

長年使える道具が手に入りにくいと思っていましたが、近くにこのような老舗があるのだと知り嬉しく思いました

f:id:mlittle:20211027161724j:plain

こちらはマコモダケ

イネ科の水生植物であるマコモの若い茎が黒穂菌によって肥大化したものだそう

f:id:mlittle:20211027161713j:plain

緑の部分は取り除き、かたい箇所はピーラーで。アク抜きなども不用

少し炒め試食してから配合しました

米2合、だし汁(2合分)、薄口醤油大さじ1、みりん小さじ1、昆布茶小さじ2

マコモダケ5本、揚げ1枚、しめじ半パック、にんじん適量と一緒に炊きました

f:id:mlittle:20211027161717j:plain
マコモダケの炊き込みごはん

生のヤングコーンに近い甘みがありますが甘すぎず、筍より柔らかい食感で調理しやすいです

翌朝は人参と合わせてキンピラに

f:id:mlittle:20211030035246j:plain

マコモダケは魚にお詳しいめんくいさんの記事で知りましたが(2日半煮込まれた鯖味噌が凄い記事です)

鯖味噌煮・三豊茄子・マコモダケ - うまげな話

はじめての素材には興味津々です

f:id:mlittle:20211029075306j:plain
シャンピリアンステーキと一緒に

今朝もいい空、穏やかな秋晴れかな

よい週末をお過ごしくださいね

PVアクセスランキング にほんブログ村